FC2ブログ

烏鎮 2016.01- 上海の旅。紹興市とかその周辺の記録 vol.09

次は、烏鎮(ウージェン)という水郷の町に行くことにしたので、
杭州を朝出発し、バスに乗って郊外のでかいバスターミナルへ。


チケットカウンターで、筆談にて「烏鎮」行きのチケットを買おうとしたら、
受付のおばちゃんが一言、「没有」。 つまり、「ないよ。」と。衝撃。

今日がないのか、それともこのバスターミナルにないのか。
なんかどうにかこうにかしてたら、紙になにか書いてくれたんだけど、ぜんぜんそれがわからない。

えーーーーー・・・・となって、そこらにいた案内係のような若い子を捕まえて
おなじようにたずねたんだけど、「ない。」っていう。
で、えーーーーーー、とか言ってたら、なんか若いにいちゃんが話しかけてきて。
こっち来いといって勝手にわたしの荷物持って歩き出した。
「いやいやいや。。」ってついていったら、バス指してコレ乗れ、と。

どこ行きなのか、と聞いたら身振り手振りでなにか言ってて(すべてチャイ語)、
どうやらわたしの行きたい烏鎮行きのバスターミナルは別にあるらしく、そのターミナルへ行くバスらしいことがわかって。なんという、すごくいい人。謝謝言いまくって乗車。

で、バス乗ってバス賃お金払おうとしたら小銭がなくて、でも両替とかできない。
ごたごたしてたら、運転手が「もういい、座れ。」と。
あらららら。またまたすごい親切。もうほんといろいろありがとうってなった。

その後、1時間ほどバスに乗ってターミナルに到着。
無事、烏鎮行きのバスに乗れて、どうにかこうにか昼の2時ごろくらいに烏鎮到着。
いや、ほんとホッとしたのを覚えてる。たくさんのやさしさでどうにかなった。

IMGP9739.jpg 




とりあえず、事前に予約しといたホテルに向かう。
なんか、この町も豪快に再開発してて、古鎮のまわりにはずらずらーーーと
こういう商店やら食べもの屋とかが連なる通りがあったんだけど、

IMGP9732.jpg

まじで閑散としてた。
開店休業状態。テナント入ってないとこもたくさんあったし。大丈夫なのかねこれは。
この通り沿いにホテルあって、無事到着。すっごい安かったのにすごくきれいで広くてすばらしかった。客は、どうやらわたし一人だったみたい。
大丈夫か。


烏鎮の中に入る前に、腹ごしらえを。
ホテルの近所にあった食堂に入ってみた。

なんやら羊肉麺がここの名物だというので、それを頼むことに。
で、来たのがこれ。
うわーーーーすごいのきたなーーーーーっと思いましたよ。
汁の色とかどろどろ感が玄人すぎる、と。

IMGP9735.jpg

頼んだときに、「辣(ラー)はいけるか?」って聞かれたから、
「好(ハオ)好(ハオ)。」とか言っといたら、すごい赤いの入ってるじゃないか。

まわりのお客さんとか作ってたおじさんとかから見られてる中、
啜ってみたら、これがまあとてもうまい。えーーうまいーーーと同時に襲い掛かる激辛味。
え、食べきれるか・・・・?って引くくらいの激辛さ。

辣ーーーーーーーーー(ラーーーーーーーーーー)!」って絶叫しといたら、
喜んでた。
それ見た注文受けたおばさんは、調理のおじさんに「ほらーー入れすぎなんだよーー。」みたいなこと言ってた様子だったんだけど、これ罰ゲーム的なノリじゃないよね。。。

羊肉は骨付きのぶつぎりが入ってて、獣臭感がすごくよかった。
素朴な、ダイレクトな感じで。

IMGP9736.jpg


生のにんにくのみじん切りもしぬほど入ってて、口がしばらくにんにく。
そして、この掘っても掘っても出てくる唐辛子。
中国の人は辛いの好きね。

IMGP9738.jpg


大量のデブ汗をかきつつ、完食。
すごく辛かったけど、とてもとてもおいしかった。
400円くらいしたかな?たぶんそんな感じでした。

今回の旅で一番のインパクト麺だった。


ということで、烏鎮の街のほうにむかいました。

つづく。





関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL
URL
PASS (削除時に必要)
SECRET 管理者にだけ表示を許可する
COMMENT&
DECORATION

TRACKBACK

トラックバック

http://playmo2008.blog90.fc2.com/tb.php/1123-281c2b63

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

たえ

Author:たえ
live:tokyo
sex:♀
love:アジア旅・ラーメン・LAMY・MOLESKINE・CAMPER・amazon・古典酒場
age:アラシソ

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2count
Tree-Arcive
カテゴリー
ユーザータグ