FC2ブログ

母からの葉書

IMGP7358.jpg


整理してたら出てきた。うちの母からの葉書。

冴えてるよねー。そして、なめてるよね。
完全になめてる。
よく恥ずかしくもなくこんな差出人名で出せるわ。
しかも、ちゃんと住所書けや・・・。

やっぱなめてる。
関連記事
スポンサーサイト
  • 2006/05/30/Tue 12:11
  • COMMENT:0
  • CATEGORY:映画

ラン・ローラ・ラン

image16.jpg


「ラン・ローラ・ラン」

★★★★☆
いい映画でしたやん。おもしろかった。
どういう話かっていうと、ひたすらローラが走る、という話し。
「ローラー、走れー走れーー!」って応援したよ。

話しは、ローラの恋人が金の運び屋なんだけども、
その運んでいた大金を電車に忘れてしまうわけ。
それで、20分以内お金を工面しないと恋人が殺されてしまう、と。
それで、ローラはお金を得るために町中を走りまくる、という話し。

愛のために走りまくるんだけど、ローラの演技がいい。
そしてなによりもストーリーの構成がいい。
ここでああならなかったら・・・とか、あそこで転んでなかったら・・・みたいにパターンがいくつかあって、その出来事によって運命が変わっていくの。
ローラ、大変だなあ・・・。

飽きずに最後まで見れるしサクッと終わってくれる、楽しい映画。
関連記事
  • 2006/05/26/Fri 15:58
  • COMMENT:0
  • CATEGORY:未分類

アシアナ飛行機内にて

asiana.jpg

なんか思い出したから書く。

タイのバンコクから韓国のインチョンへ向かう飛行機で、
席に座った途端、足がつったの。
気のせいかな、と思ったら全然気のせいじゃなくて、
ぐわぁぁーーーっとつってくる。イタイイタイ・・
あらまあ。

でもね、座った席がみんなが乗り込む場所の一番前のところで、
普通に歩いてたら必ず人の目に入るところだったの。
そんな場所で「あいたたーー!!」とか痛がるのは
恥ずかしいんで痛みをこらえて、
すごい澄ました顔して耐えてたわけです、必死に。
普通に座ってる感じを装って。
自分的にはその演技は完璧だったの。

「絶対わからないだろう。」と思ってた。


そんなときに、
スチュワーデス来て、なんか韓国語でなんか言ってきた。
「なんだよ、こんなときに・・・」と思ってたらさあ・・・。

全部はわからなかったんだけど、話しかけてきたきた中で、
「オットン(もしくはオットッケみたいなこと)」と「タリ」って
言ったのは聞き取れたの。

前者は「どうした」みたいな意味で、後者は「足」なんですよ・・。
つまりは超バレバレじゃんか・・・。

バレてる!恥ずかしい!
こんなに無駄な演技はなかなかないよ。
そして、中腰になって心配そうにしてくれるスチュワーデスに感謝だよ・・。

「ケンチャナヨ・・・・。(=大丈夫です。)」

って返しといた。あー、恥ずかしかった。
きっとね、足の上に置かれた手が震えてたり、
足に集中しすぎて視線が一点病とかになってたんだろねー。
この大根役者。

そんなこんなで、このときのアシアナ。
わたし、2回も座ってる場所替えられたんだよ・・。

その席座ってたら、
どうやら同伴者と別々の席になっちゃった人が
変わってほしいみたいなこと言ってきて、どえらい後部の席の方へ
移動してやり、そこ座ってたら今度は別の韓国人がおんなじ理由でまた・・。


やっとこさ、その最終席に落ち着いた私のところに、
その様子を見てたスチュワーデスがやってきてね、
「どうもありがとうございました。」みたいな言葉と一緒に、
何かを私の手に握らせました。


見てみると、ピーナッツ袋2つとトランプそしてアシアナ飛行機が写った数枚の絵葉書・・・・。

カ、カムサムニダー・・・。

自分が子供みたいな気分になってなんかおもしろかった。
つーか、恥ずかしい。
IMGP7352.jpg

そのときもらったピーナッツ。トランプと葉書、今探してみたけどなかった。どこやったっけ?

いっそのこと気持ちだけで、くれないほうがよかったよ・・。
あ!このトランプってね、言ったらくれるらしいよ。知ってた?
これは大収穫。旅先でわざわざ買わなくていいんだもん。
次行くとき、もらっとこ。

そんなことより、なぜにこんなにみんなバラバラに座らされてるの?
ちゃんと搭乗手続き一緒にしたの!?
それとも、アシアナの意地悪!?


でもアシアナは好き。ごはんおいしいし、
必ずご飯についてくる「コチュジャン(唐辛子)」チューブが好き。
関連記事
  • 2006/05/25/Thu 19:16
  • COMMENT:0
  • CATEGORY:未分類

これ

IMGP7225.jpgこれ知ってる?

ヒィのところにもあったリストバンド。

あいつ、とりつかれたようにこのリストバンドを、バンコクで探してた。
これは、「タイの国王に長生きしてほしい」との意を込めて、限定100万個で今年の初めかなんかにタイ国内で発売されて、即完売されたらしく、今は増産されて特定の場所だけで販売されてるもの。

バンコク行くとね、若い人からお年寄りまで本当にたっくさんの人がこれをしてるのを見かけた。
みんな国王大好きだからねー。

特定の場所でしか売ってないってことを知らなかったから、
いろいろ探したけど全然見つからなかったの。
ていうか、わたし自身はぜんっぜん!興味なくて(今もそう)、
ヒィはネット屋とかで超調べまくってたけどシカト。
郵便局で売ってると知り、行ってみるもなし!
銀行でも売ってるらしいけど、どこの銀行かわからず。

そんな中で免税店(なぜだろう)でも手に入ると知って、
わざわざバスに乗ってそこまで行ってみる。そして見事にゲット。
全然大げさに売ってなくて、隅の方にポスターだけポツンと。
「これが欲しい。」と言うと、カウンター後ろの箱から取り出してくれた。

「たえちゃんもぜひ!」と浮かれてるヒィに、
「はい!本気いりません!」と答えましたが、
代金の100B(300円ほど)は慈善事業に寄付されるとのことだったんで、
わたしも買ってみました。
そうしたら、メッセージカードみたいなのを渡されて、コメントを。
書いたら、設置されてるボックスに入れる。
住所とかも書くところがあったんで、きっとなにかのメッセージカードが
返信されてくるのでしょう。

ボックス覗いてみると書いてるのはタイ語ばかりで、
きっと日本人で買う人は本当に稀なんじゃないでしょうか・・。
なぜに、あの人がそんなに欲しがってたのかいまだに理解できない。

部屋に戻ってさっそくつけてみて、わたしに
「いいでしょ、これー。いいでしょ??これーーいいでしょ?」って
何回もしつこく聞いてくる。

「いや、わたしも持ってますんで・・。」

つーか、そんなにいいかーー!?
結局、わたしもつけろと言われて、ペアルック。
超恥ずかしい。しかも肌が超黒いから蛍光みたいに目立つし。

IMGP7228.jpg
でもタイ語とハートが結構かわいいね。
この裏側は、「LONG LIVE THE KING」って英語がある。
関連記事
  • 2006/05/23/Tue 18:42
  • COMMENT:0
  • CATEGORY:未分類

いつまでかかるんすかね・・・

IMGP7034.jpg
いつまで経っても終わらない・・。
写真の整理がおわんない。
いったん、全てのデータ(CFが壊れた分は除く)をPCに落として、そこからまずは修整作業。

一眼のデジカメは、丁寧に扱わないと、中にほこりが入ってね、写真上に黒い斑点とかが写るんですわ。

で、限りなくいい加減な扱いをする私は、
旅出発前にわざわざペンタックスまで行って、
お金出して以前からあったほこりを除去してもらったにもかかわらず、ものの見事に旅の最初の方からまた「in」してるし。
「え、いつ!?」みたいな。
しかも、旅中盤でね、一眼デジカメ持ってる旅行者に、ほこり除去キットのようなものを借りて、
見よう見まねでやってみたらこれが、
驚くほど逆効果で、黒い点がほぼ倍ほどに増えたりして、夜中にへこみまくったりね・・・。

無駄に触ったら、壊れる場合があるから触っちゃいけない場所なんだけど、どうにも我慢できずに、中国でめがね屋行ってめがね拭きを購入し、
部屋で一生懸命吹いてみたりしたら、意外に取れちゃったりねえ・・。

とまぁ、いろいろあったんすわ。


とりあえず、その黒い点をですね、
修整ソフトという神様的ツールによって、
写真の中で近辺の色を吸い取ってその黒斑点のところにかぶせるという、
ものすごーーーーーく地味な作業ですが、
ひたすら「カチカチカチカチ・・・・」言わせてやってます。
・・・・が、ぜんぜん終わらん・・・。

わたし、おそらくトータルで10時間以上はやっとる。
なんともご丁寧に、一枚一枚黒い点がついてんのよねー。
でも、消せるだけ幸せか、これ。

あとね、この作業やりながら思ったんだけど、
時々、風景の中にわたしが入ってる写真があって(他の人に撮ってもらったやつ)、
なんかね、風景があまりにもすごすぎて、
とっても合成チックなん。
自分のところをかたどって、後から風景写真にひっつけたみたいに見える。
ぜんぜん浮いてるこれ。
まったく溶け込めてないところが笑えた。

ちなみにこの写真は、ラオスでの一コマ。
この手は「なんかちょーーだい」の手。

だから、握手しといた。
100%で「おまえの手なんていらねえよ・・」と思われてるね。


関連記事
  • 2006/05/20/Sat 08:24
  • COMMENT:0
  • CATEGORY:映画

親切なクムジャさん

kumuja_sann_poster_thumb.jpg

「親切なクムジャさん」
★★★★★

いやあ、出ました。また満点。
わたしこの映画、好きやわーー。
エンターテイメント映画だね。
ブラックユーモア感もいいし、構成もいいし、主演のイ・ヨンエの演技もとても良かった。

このポスターの感じからは想像つかないストーリーだけど、でもとてもこの映画をよく表してる感じがする。

ある意味「遊び」だよね。
監督の遊びが至るところに散りばめられてて、
とっても好きな映画となりました。

わたし、「オールドボーイ」も見たけど、
断然こっちのほうが好き。
というか、わたしの好きな映画の1本に入った。

わたしの弟のヒデ坊が「見に行ったんやけど、なんなん!あの映画。しつこすぎる。おもしろなかったーーー。」って言ってたからさ、信用してたんだけど・・・なんだおめえ、超おもしろいじゃん。

あいつとは映画の趣味が合わん。
「ラブ・アクチュアリー」しかり。
あいつが号泣したというポイントが一体どこだったのか、
本気でわからんかったから、
観終わって速攻「あんた、どこで泣いたん??」って真剣に聞いてみたり。

ということで、この映画、いいわーーー
関連記事

4travel

http://4travel.jp/traveler/tapirapi/album/
関連記事
  • 2006/05/17/Wed 23:32
  • COMMENT:0
  • CATEGORY:未分類

タイにティが到着した時のドタバタ劇について

IMGP7210.jpg

4月26日にティ(ヒィ)が来ることになってたの。(ヒィ日記にもありましたが私の視点にて)

ビビリのティ嬢は、タイの空港の見取り図とかいろいろ日本で調べてて、
超しつこく聞いてくんの。

「たえちゃ、大丈夫??ティは第2ターミナルに着くからね!?
ちゃんと迎えに着てよ!?」とかもろもろ。

私はタイでこういうメールのやりとりしてたときは、
「うっせえなあ・・。ちゃんと迎え行くからそんな心配ばっかいらないからほんと。」
と、思いながらメールで「ま、万が一わかんなかったらさ、
ケンタがあったじゃん。その前に集合ね。じゃ。」みたいな。
一応、付け加えでケンタの件は伝えておいたわけ。
あんまりうるさいんでね。

そして当日。
ティが来るのが夜の11時45分着の飛行機。
私は宿からファランボーン駅に移動し、
ここから空港方面へ行く電車に10時すぎに乗り込んだ。料金10B(30円)。やっす!
電車なんてさ、走ってても扉開きっぱなしなんで、
出口のところに腰を降ろし、ぼーーーっと外を見ながら50分くらいで到着。
時刻11時前。

空港に着いて、到着状況の画面みたら
いきなり「12時35分」到着になってるし。
到着が遅れてんの。おいおいやめて、そういうの・・。と思いながら、
本読んだりたばこすったりして時間をつぶして。
そして、12時30分くらいかしら。画面を見に行ったら、
「12:25 Landed」って点滅してて、「オーーー到着したーー!」と、
出てくる場所で待機。

10分経過、20分経過・・・出てこない。
「まあ入国手続きとかで時間かかってるんだろうな。」くらいにしか
思ってなくて、他の出迎えの人たちに紛れて、
私もひたすら出口を見つめる。

そして30分経過、40分経過・・・出てこない。
「あれかな。あの人バカだから、
預けなくてもいい手荷物を下手に預けちゃって、
出てくるの待ってるのかもね。」くらいにしか、またしても思わず。

到着からすでに1時間以上、経過。
ケンタの前を見に行ったり、ケンタが3階にもあることを知り、
もしかしてそこで待ってるかも、と思って行ってみたり。
・・・つーか、全然出てこない。

そして2時になり、2時半になり。
もうすでに到着から2時間じゃん。ここでおかしい、と
少しでも思わなかったわたしってすごい、と思う。
ぜんぜん思わなかったもん。
でもね、あとあと考えておっかしいなあと思ったのは、
東京発の飛行機がヒィのやつと、もう一つ同時刻であったにもかかわらず、
出口から出てくる日本人をほとんど見かけなかったということ。

ま、いいとして、いったん外行ってたばこ吸っててね、
時もすでに3時をまわるかも、ってときに
派手な服きた見覚えのある娘が空港内にいるのを見たの。
ティでした。

で、「ティ!」って呼んで、やっとでてきたあーーーと思って
笑顔だった私と対照的な顔した娘が一人。
・・あれ?と思ったら、
「たえちゃ、ここの出口、違うから・・。」と。

・・・うん?

「わたし、第2ターミナルから出るって言ったよね。
ここ、第1だから・・。第2なんてここからとんでもなくもっと向こうだから・・。」と。

これは大変です。
わたし、ここしかないと思ってたからね!今まで5回ほど来ましたが、
すべてこっちだったから、まさかもうひとつターミナルがあるなんて。
で、ヒィもわたしの姿がないから必死になって探して、
でもいないからってことで、最後の最後でケンタがどうのこうの言ってたのを
思い出して、それを辿ってきたらしい。

そうとうな極限状態だったらしくてさ、泣いたからね。
「うわーーーーー」って漫画みたいに泣いてたからね!
悪いなあ、と思いながらおもしろかったんで笑った。ごめんよ!

どうやらさ、もちろん荷物も預けてなかったらしく、
入国審査も走っていって一番乗りくらいに通過して、
12時40分くらいにはもう出口出てたんだって。
だからあの人も2時間くらい探してんの。
いやあ、悪いことした。

でもなかなかおもしろかったけど。
もちろん、その後1週間の間に百万回ほど嫌味を言われましたけど。
「わたしねー、今回の旅の最初にね、とある人がバカなせいで
大変な思いしたんだよー。」とか。
「ああ・・。そ、そうなんですか・・?」と。

その日は宿に戻って、宿のカフェでビールを飲み、
7時すぎくらいに就寝。もう朝だった。夜が完全に明けてた。


いい出足でしょ。
関連記事

日本に帰りましたの。

昨日の夜に日本到着。97日ぶりでした。

いやあ、なんかめちゃんこさむー・・・。
なによ、激寒じゃないの。

昨日はたまたま寒い日だったらしいね、雨も降ってるしさ。
20kg弱もあるバックパック背負って、
酒飲んで、カラオケ行った。もう歌いたくって歌いたくってねぇ、百恵ちゃんを。
カラオケ屋のフロントで、ギャル男とギャル娘に「ちょっと見て。あのバッグでかっ!」とか囁かれたりしながらそのまま突入!

そして〆は、自宅でまたしても百恵DVD鑑賞。
やっぱ最高だった。百恵、やっぱ永遠だった。

という、いきなり日本生活三昧。

あ!そうだ。うれしいことが。
体重が5kg落ちてました。きっとラオスのときはあと-2kgはきてたなあ。残念。タイと韓国で暴飲暴食しすぎたね!


早いとこ写真の整理したいです。
関連記事
  • 2006/05/09/Tue 22:37
  • COMMENT:0
  • CATEGORY:未分類

ヒィバンコク

あ、ちなみにわたしまだバンコクにいます。
あの馬鹿やろう(ヒィ)が日本に帰ってから5日ほど経ってますが、
つーーまーーんーーーねえーーなあーー


4月26日~5月4日までヒィがバンコクに来てたんだけど、
何十回も言われた言葉があってね・・・。

ヒィ「いい?たえちゃ、わかって。
  今あなたは『一人じゃない』ってことを・・・・。」


これどう想像する?
「今は二人でいるから楽しもうね!」とかそういう意味合いではなく、
実際はだらしないわたしを一喝する言葉。

朝起きるのもダラダラで、着替えるだけで1時間とかかかる私にキレて
(途中でダラーっと横になったりしだすから)、
ものすんごいゆっくりした口調でほんとに諭すように語りかけてくるの。
「いい?今はね、一人じゃないんだよ・・・?」とか
「自分だけ良ければいいんじゃないんだよ・・・?」とか。

言われたところでケタケタ笑うだけで、
改善の傾向が見受けられない私の態度に最後は「どうぞご自由に。」と
三行半ですよ。


全然関係ない話していいですか。
書いてないときっと忘れちゃうんで。
ヒィのことなんだけど、あの人しばらく会わない間にさらにアホ満開に
なっててハッピーでした。
そのひとつのネタを。
なにがきっかけか忘れたんだけど、あるときミニコントが始まって
わたしが軍隊学校の長官でヒィが学生だったの。
「君は、非常に成績が悪くてかなわん。」という流れなのに、
「ハッ!(敬礼)自分は主席としてー、立派に・・・」とか言い出すんで、
「君は最下位だ。」みたいに言うと、
「違います!自分は「主席」とは言っておりません!
 「歯垢」と言ったのであります!「歯の垢」であります!ハッ」とか
言われてみてよ・・・。
百歩譲って歯垢として、だからなんなんだよ・・って。
そして道端の真ん中ですごい姿勢が伸びた敬礼されてみてよ。
くだらないこととは思いつつ、そのときの私は笑いすぎて腹が痛かった。
「この人、歯垢なんだあ。」とか思うとたまりません。

マジあいつ意味ねえーーー。磨きがかかってて喜ばしい限りです。


ちなみにわたし、明日の夜の便でソウルにむかいまーーーーーす。
帰国まであと4日。

関連記事
プロフィール

たえ

Author:たえ
live:tokyo
sex:♀
love:アジア旅・ラーメン・LAMY・MOLESKINE・CAMPER・amazon・古典酒場
age:アラシソ

カレンダー
04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2count
Tree-Arcive
カテゴリー
ユーザータグ