スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

香港2017 vol.8

わんたん麵。
香港に来たら食べるべし、的類のグルメだということを
今回はじめて知りました。

IMGP9323.jpg 

まず、香港麵が変わってる。
細くてちょっとぱきぱきしてるような、すごい独特のやつ。

これを食べて、新記の麵を思い出した。日本にある香港麵だしてくれるお店。
お台場あたりに勤めてたときに支店があって汁なしのこの麵、
よく食べてたわ、と思い出しました。


ワンタンは蝦で、ごろっとしてぶりっとしたすごいやつ。

香港ではこのわんたん麵の専門店がいくつかあって、
回りたかったんだけど、おなかに余裕がなくて断念。
とても残念なこと。

またこの麵が恋しくなったら、新記に行きます。


つづく
関連記事
スポンサーサイト

香港2017 vol.7

100万ドルの夜景でおなじみのこちらでございます。

すごい量の人がいたんだけど、ここの敷地がとても広いのでね、
ゆっくり腰かけてみることができました。

IMGP9710.jpg


きれいに撮れた。

 IMGP9740.jpg


ビッカビカさせて、エンターテインメントとして楽しいもんだと思うけど
わたしおもうに、きっと小高いところから見たほうが
すごくきれいなんじゃないかと思います。地上から見るよりも。

札幌の夜景がそうだったもんな。
だからといって、湿気と熱気の夜にわざわざ移動する気もサラサラなかったです。
外にいるだけでしんどいんだもんさ。
ということで、
このライティングショー後の人混雑に巻き込まれる前に
そそくさとバスで退出しましたとさ。

つづく

関連記事

香港2017 vol.6

朝ごはんはお粥をたべました。
香港はお粥も有名なんですって。
せっかくだから、有名なところに行きました。

佐敦駅というところにあるお粥屋さん。
この駅ジョーダンって読むんだけど、読めないわー。

開店前にスタンバイしてたら、他にも待ってる人がちらほらいました。

そして開店。中は20人くらい入ればいっぱいくらいのスペースだったかな。
昭和を感じさせるオールド感がとてもすてきな店内でした。


はさみでチョキチョキされてた油条。これおかゆに載せて混ぜ混ぜして一緒にたべると、
大変おいしい。たべたい。

IMGP9487.jpg 



そして、お粥。一人分はかなりの大きさだった。

IMGP9491.jpg

味はやさしくておいしいやつ。具はいろいろあって、
豚とかモツとか海鮮系とか選ぶ感じ。ひじょうにおいしかった。

値段はまちまちだったんけど、いくらくらいだったけなーーー。
もう脳が衰えててまったく覚えてない。
感覚的に、7~800円くらいから高いのは1000円超すかんじ。

食べても食べても減らない系だから、
2人でひとつでちょうどいいかもしれないね。

あと、この店で京都担々麺みたいなメニューあって、
担々麺に興味あって頼んだら、アイタタタがきた。
わたしが食べたいのはこれじゃない。

IMGP9482.jpg

味もね、なんかケチャップのようなソース的な、不思議なやつで、
あーーしくったなーーーーと思った次第です。
無難にお粥オーダーが正解。


滞在中、何度かスコールにあったんだけど、
その降り方がほんとすさまじかった。
目の前が真っ白になるくらいの勢いでざざざーーーー!どーんって感じで。

IMGP9492.jpg

10分も待てば落ち着きだすので、ここは焦ってタクシーとかにのらず、
まずは軒先にて気長に待つべし。



そして、果物。

IMGP9557_201803041943520a7.jpg

タイでも見かける気がするけど、これなんだろね。
どんな味がするか気になるわーやっぱり食べておけばよかった。


ということで、つづく。

関連記事

香港2017 vol.5

香港には、お手軽なミシュラン認定のレストランがいくつもある、って
どの本にも書いてあったので、
飲茶の店とローストダック(ガチョウ)の店の2つ行ったけど、
ガチョウのお店がとってもおいしかった!!!
また食べたい。

これも香港島のほう。
一楽なんとかっていう店。検索すればすぐ出てくる。
いつもは行列らしいんだけど、この日は変な時間帯に行ったのかすぐ入れた。


名物のローストガチョウ飯と、豚もおいしいというのでそれも。

そしてやってきたガチョウ。ビジュアルがものすごく美しいですね。
見た目からして最高だし、味もすごくよかったんで
もっと大きいの頼めばよかったと後悔しました。値段いくらだったかな。1000円超えてたかな。
完全にわすれた。
IMGP9594.jpg 


そして、豚のほう。これもおいしかったな。
皮がパリッとしてて、肉は柔らかくて。値段、また忘れた。

IMGP9600.jpg


食品サンプルみたいな油菜。
本物です。

IMGP9595.jpg


たいへん、満足でした。ここはまた食べたい。



そして、茶休憩。
香港はマンゴー、食べられるんだよね。あーそうだったっけ。と。
わたしの中ではマンゴーといえば台湾とかタイのイメージが強くて。

IMGP9687.jpg

また、名前忘れたけど
町中にこのマンゴーやさんのカフェとかスタンドがあるから、
休憩がてら寄ると楽しい。

ただ、台湾やタイと違って、値段が日本価格なんだよなーー
香港って、日本と同じかやや高いくらいの物価なんだね。
知らんかった。


つづく。

関連記事

香港2017 vol.4

香港は、こっち側とあっち側がある。
わたしが泊まった九龍側をこっちだとすると、あっちは香港島です。

島が分かれてて、行き来するにはフェリーか、橋があったはず。
テレビなんかでよく見る、看板がいっぱい突き出て、
ごっちゃごちゃしてる感じのほうは九龍のほうですね。

IMGP9374.jpg 

夜になっても人がたくさんおったわ。
モンコックっていう駅近くのホテルに泊まったんだけど、
そのへんは、夜に屋台とかたくさん出てにぎわってるところだった。


もうこの年になると、屋台の軒先で売っているこういう類には
一切手をつけないようになりました。

IMGP9758_20180310150808e94.jpg

食べる量・質ともに調整が必要な年になりました。
すぐおかしくなるからな。残念やな。



この先の高層ビル群のほうが、香港島側。
ビジネス街なんだって。すごく都会な町でした。こっちでもよかったなーって。

IMGP9537.jpg

とはいえ、昔の雰囲気もたくさんあるし。
ちなみにこないだの団地写真も、こちら香港島のほうです。


あと、タクシーも古いタイプ。
結構くたびれ感がたくさん残ってて、これは意外だったな。

IMGP9607.jpg 


つづく。

関連記事

香港2017 vol.3

香港にいったら、ぜひ訪れたい場所があった。

なにかのネット記事で、香港の団地はすごい、と。
写真見たら確かにすごくてこれは見てみたい!となり、実際に行ってきました。
香港島のほうにフェリーで出かけて、
あとはなんだっけあれ。2段になった電車。名前忘れた。
とりあえずそれを乗りついで到着したのがこちら。

分かるかな。かなり湾曲になってるんですよね。すごくない?

IMGP9564_201803041942283da.jpg



すこし引いたところから。わかりにくいね。。。
もっと逆サイドから撮ったほうがよかったかな。とにかく、通りに対してまっすぐじゃなくてカーブになって立ってるんですよ。圧巻でした。

IMGP9561.jpg



そして、この裏側、中に入りますと、またこれがすごくて。
ものすごい密集度とゲージツ感。この写真じゃ伝わらないけど、
実際はすごい迫力でした。ここは普通の団地です。

IMGP9569_20180304194223dbe.jpg


下から上を見上げた写真。
夜にくると、おうちの中の電気がライトアップみたいに見えて、
これまたすばらしいのだとか。それも見たかったな。


IMGP9581.jpg


名物になっている団地がいくつか存在するらしく、すごく興味ある。

ということで、これを見れたのはいい思い出。おもしろかった。

つづく。


関連記事

香港2017 vol.2

香港って意外に遠いのね。成田から4時間半くらいだったかな。
3時間くらいで着くと思ってた。


IMGP9439.jpg


香港の空港から鉄道で市内に出たんだけど、
もうこの7月という時期がそうなのかわかりませんが、湿度が半端なかった。
不快指数が半端なかった。ばばあはすぐ体力奪われて大変。

でも、町は思いのほかぼろい古い建物が多くて、
普通に見てもエアコンがない建物もまあまあるように見受けられて。。。

え、ぜったいわたし生きてけない。って心の底から思いました。
もうすごかったなー。癖にはならないけど、インパクトあるわ。いい思い出。
 

飲茶も食べました。「本場はやっぱすごいでーーーーー!」ってなんなかった。
おいしかったけども。ネット検知が足りなかったかもしれません。

IMGP9354.jpg



飲茶食べる前に、食器を熱いお茶で洗うっていう風習、
とても素敵。最後までやり方がよくわかりませんでしたが、
ああいうのサラッとできるようになりたいと思った次第です。

IMGP9359.jpg



ほら、建物が古い。わたしてきには赴きあってとても好きな感じだけども。
この手前の人は、屋台の組み立てバイト、と見た。

夜はこの通りにびっしり屋台が出てるんだけど、たぶんこの人たちは、
店主が来る前に組み立ててくれる業屋さん。

IMGP9444.jpg

つづく。

関連記事
  • 2018/03/04/Sun 19:50
  • COMMENT:0
  • CATEGORY:未分類

香港2017

去年の、しかも7月の話ですが、
初めて香港に行きました。

IMGP9537.jpg 

湿度が強烈だったのと、何がそんなに良いのかなーってなった。
いまいち良さを感じられず。

魅力に触れられなかったのかなと思います。
だからといって、もうしばらくはいいかなー。
なんか物価も高くて、呼ばれてないわわたし。

IMGP9416.jpg 


でもいけてよかった。
ずっと気になってる場所だったからねー。

でも来るのが遅かったと思う。
20年前くらいがピークだったのかなーーー。
混沌としたやばい感じとか見たかったな。

しばらく写真が続きます。


関連記事

夏の韓国 2016 vol.7

ソウルでの朝ごはん。

タラのスープのお店。朝から並ぶほどの賑わいのお店。
スープ自体は、たいへんやさしい味。

キムチやあみの塩辛などと一緒に食べます。とてもおいしい。
朝から腹いっぱい。

IMGP7996.jpg 


南大門。

いままで南大門は生鮮・干物系とか道具の卸とかが多くて
別に興味なかったんだけど、今回なんかしらんが楽しかったわ。
意外に使える。また行きたい。


IMGP8000.jpg



そして昼ごはんは、この町にある豚肉屋さんにて。
豚がきれい。さむぎょぷさるとモクサルという部位を食べました。

IMGP8003.jpg


すんごいおいしかった。豚はほんとうまいね。

IMGP8009.jpg



そして帰路。
2泊あると余裕があっていいけど、けっこう中だるみがあったな。
でも1日だと忙しくて疲れるから、やっぱり2日あるといい。
いろんなもん食べれるし。

IMGP8013.jpg

lccつかえば、安いときで往復1万ちょっとで行ける。
いい世の中です。

おわり

関連記事
  • 2017/09/04/Mon 22:57
  • COMMENT:0
  • CATEGORY:未分類

夏の韓国 2016 vol.6

ソウルにて。

昼ごはんを食べた後、やることなくてどうしようかと。
おおきな美術館?博物館?(忘れた)に行こうってことになって、
電車乗って行ってきた。


もう、ほんと規模がばかでかかったーーー。
すんごい大きさ。

IMGP7981.jpg 

で、たしか入場料が無料だった。
てか、とればよくない?維持費とか尋常じゃないと思うんだけど。
展示物もかなりの量だし、すごくちゃんとしてたし、無料の意味がわからない。
日本語のイヤホンもたしか100円とかそういう感じだった。
でもこの日本語のは機械がいけてなくてぜんぜんよくなかった。

でもこの建物はぜひ行くべきとこだなと思いましたよ。よかった。




そして、これ。柿のかき氷。
見た目が、すっごいきれい。味も、とてもおいしかった。これはほんとよかったです。
どこだったっけ。坂道をかなりたくさんのぼった先にあるカフェでした。

IMGP7951.jpg



夜中。

昼食べ過ぎて夕方におなかがすかず、夜遅くに食べることに。
壁のメニュー。下から2番目の日本語メニューに注目。

IMGP7995.jpg



カムジャタン。
エゴマがたくさん。たいへんおいしかったです。はずれがない。

IMGP7988.jpg


まだつづく。

関連記事
プロフィール

たえ

Author:たえ
live:tokyo
sex:♀
love:アジア旅・ラーメン・LAMY・MOLESKINE・CAMPER・amazon・古典酒場
age:アラシソ

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2count
Tree-Arcive
カテゴリー
ユーザータグ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。